Dom PérignonforRIEDEL

シャンパーニュの最高峰、ドン ペリニヨンの
醸造最高責任者と共同開発
ドン ペリニヨン グラス

作柄の素晴らしい年に収穫された葡萄のみを使い、絶妙なバランスで作られる芸術的なヴィンテージ シャンパーニュ、ドン ペリニヨン。
その出来栄えは、収穫された年の気候、プレニチュード(澱と共に長期間熟成する過程で迎える飲み頃のピーク)、白またはロゼの美しい色合い、この3つの要素によって決定づけられます。

様々な収穫年、プレニチュード、色合いがあるドン ペリニヨンの、それぞれの個性を最大限に引き出すグラスを作ることは、当初、非常に難しいと思われました。しかしその依頼を受け、リーデルはドン ペリニヨン前醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワ氏、そして2019年に醸造最高責任者に就任したヴァンサン・シャプロン氏と共に、視覚、嗅覚、味覚のすべてにおいて最高のテイスティング体験が約束されるグラスの開発に挑みました。

ドン ペリニヨン グラス(1個入)

ドン ペリニヨン グラス
(1個入)

¥5,500(税込)

専用箱
※専用箱
ウエイト
芳醇だが、軽やかさとなめらかさも持ち合わせ、パワフルだが硬さはない。
フロー
凜とした印象。複雑なシャンパーニュのどの側面も主張し過ぎず、バランスよく表現できる「陰と陽」
舌触り
切れ目がなくなめらか。
後味
豊かな果実味の中にほどよく感じられるミネラル。

シャンパーニュが
グラスの形状を決定する

リーデルグラスの伝統は1673年のボヘミア地方(元チェコ)までさかのぼります。
リーデルは当初、装飾が施された伝統的なデザインのグラスを作っていました。しかし、9代目当主のクラウス・リーデルは、「形態は機能に従う」というバウハウスの理念に刺激を受け、1950年代終わり以降、複雑なワインの個性を引き出すために装飾を削ぎ落とした機能的なグラスを製作するようになりました。
現在、リーデルの基本理念は、グラスの最終的な形状を決定するものはワインだけであり、先入観のあるデザインやトレンドが影響を与えてはいけないというものです。

すべての要素を調和させる
卓越した形状

ドン ペリニヨン グラスは、1年を超える製作期間を経て誕生しました。この今までにないグラスの誕生には、幾度ものテイスティングが重ねられ、最終的にはドン ペリニヨン前醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワ氏による分析と改良案に従って形状が決定されました。
リーデルは、どのヴィンテージのドン ペリニヨンを注いでも機能するように、その唯一無二の特性に注目し、グラス形状を模索しました。いかなる時にもワインの作り手のビジョンに忠実であり続けるこの新たなグラスは、ドン ペリニヨンの次の点を強調し、それぞれが美しく調和する舞台を作っています。

■ウエイト:芳醇だが、軽やかさとなめらかさも持ち合わせ、パワフルだが硬さはない。
■フロー:凜とした印象。複雑なシャンパーニュのどの側面も主張し過ぎず、バランスよく表現できる「陰と陽」
■舌触り:切れ目がなくなめらか。
■後味:豊かな果実味の中にほどよく感じられるミネラル。

RIEDEL ドン ペリニヨン グラス(1個入)

ドン ペリニヨン グラス
(1個入)

¥5,500(税込)

ラッピング無料

大切な方への贈り物には、特別なギフト包装をご利用ください。
リーデル公式オンラインショップでは、直営店だけのオリジナルラッピングを無料で承っています。
メッセージカードも添えれば気持ちがきっと伝わります。

メッセージカード無料

140文字まで自由に印字可能なカードを無料で承ります。
商品と共にメッセージをお付けする事で、より特別な贈り物になることでしょう。

リーデル家11代目当主

リーデル家11代目当主からの
メッセージ

ドン ペリニヨン、そしてアイデアを完璧に実現する先見性を持つリシャール・ジェフロワ氏と共にプロジェクトに臨む機会を得たことを、とても光栄に思います。このドン ペリニヨン グラスは、機能性とデザインを兼ね備えた魔法の器です。手に心地よく、洗練されたグラスに注がれたドン ペリニヨンは、気持ちをさらに高揚させてくれます

リーデル家11代目当主
マキシミリアン・リーデル
リーデル家11代目当主

アンバサダーからのメッセージ

「リーデルのグラスの特徴は?」と聞かれたら・・・。
「ワークショップを通じて生産者が選んだ、そのぶどう品種の個性を忠実に再現できるボウル形状」と答えるでしょう。

今回ご紹介する、この「ドン ペリニヨン グラス」は「ぶどう品種」という、少し幅のある「最大公約数的」な特性ではなく、「ドン ペリニヨン」という「個別のワイン」だからこそ細部まで明確となるメッセージ、それをターゲットに繰り返し行われたワークショップによって選ばれた形状です。

それは、白・ロゼというスタイルや、収穫年の天候を反映したヴィンテージの個性、そして熟成による進化、という変数を超越して変わらない、常に受け継がれてきた「ドン ペリニヨンの真髄」。その「真髄」を最も深く理解し体現する「醸造最高責任者(シェフ・ド・カーヴ)」が、数多くのプロトタイプから選び抜いた「メッセンジャー」です。

「ドン ペリニヨン」に慣れ親しんだ方々は勿論、初めて「ドン ペリニヨン」を味わう方々、そして、あまりにも有名すぎるが故にこのワインから距離を置いていた・・・というシャンパーニュ・ファンの方にも、ぜひ感じて頂きたい、このワインがもつ世界観です。

なぜ「ドン ペリニヨン」が「ドン ペリニヨン」であるのか。

リシャール・ジェフロワ(5代目)という稀代の天才。
彼からその「真髄/哲学」を受け継いだヴァンサン・シャプロン(6代目)、彼らシェフ・ド・カーブが「ドン ペリニヨン」という世界に込めたメッセージは、このグラスが、歪めることなく「あなた」に届けられる、と信じています。

リーデル ブランド・アンバサダー
庄司 大輔